本文へ移動する

公正な採用選考を実施していただくために

~面接は人権とともに ~
厚生労働省では、応募者の基本的人権を尊重した公正な採用選考を実施していただくために、応募者の適性と能力を判断する上で必要のない事項を把握することのないよう、統一応募書類、JIS規格履歴書を使用すること。身元調査を行わないことなどをお願いしております。
(「求職者等の個人情報の取扱いについて」をご参照下さい。)

採用選考にあたっての基本的な考え方

採用選考は

  • 応募者の基本的人権を尊重する。
  • 応募者の適性・能力のみを基準とする。

 を基本として実施してください。応募者の基本的人権を侵すことなく、職務に対する適性・能力のみを基準とした公正な採用選考を実施してください。


求める人材を採用するためには

  • 職務に対する適性・能力に沿った公正な採用基準を確立すること。
  • 採用基準に沿った公正な評価を行う選考方法、選考体制を確立すること。


募集・採用は、男女に均等な機会を与えなければなりません。


身元調査や本籍、出生地、家族状況(続柄、職業、収入など)、思想信条、宗教、支持政党、尊敬する人物など本人の適性・能力に関係のない事項についての質問や作文は行わないでください。また、必要な場合を除き健康診断は行わないでください。


応募書類は次のものを使用してください。

応募者の区分 応募書類
中途採用者 「JIS規格履歴書」様式はこちら(PDF:31KB)
新規大学等卒業者(大学・短大・専修学校等) 各大学等が定めた用紙又は厚生労働省編「参考例」
新規高等学校卒業予定者 「近畿高等学校統一用紙」
新規中学校卒業予定者 京都府で定めた「新規中学校卒業者用応募書類」
公共職業能力開発施設修了予定者 各職業能力開発施設が定めた用紙


採用内定後、採用後の提出書類は、必要不可欠なものだけを求めてください。

 過去の慣習により社員名簿などの社用紙に本籍や家族の職業など不必要な事項を記入させたり、不必要に戸籍謄(抄)本、運転免許証の提出を義務付けたりしていないか点検し、本人の住所の確認は、住民票記載事項証明書で行うなど、必要な内容の書類のみを求めてください。



本文はここまで

btn_pagetop.gif

キャリアアップガイドtop_youth_yale.gif若者応援宣言企業ジョブカードについてハローワークだより
図1.png学校関係者の皆様へ 労働法セミナーのご案内厚生労働省人事労務マガジンハローワークサービス憲章中小企業を経営されている方へ

京都労働局 〒604-0846 京都市中京区両替町通御池上ル金吹町451

Copyright(c)2000-2011 Kyoto Labor Bureau.All rights reserved.