労働保険事務組合とは

 労働保険事務組合とは、厚生労働大臣の認可を受けて事業主に代わって労働保険に関する事務処理を行うことができる団体です。
 労働保険事務組合として認可を受けている団体には、おもに事業協同組合、商工会議所、商工会などがあります。

労働保険事務を委託できる事業主は

常時使用する労働者が
  • 金融・保険・不動産・小売業にあっては50人以下
  • 卸売の事業・サービスの事業主にあっては100人以下
  • その他の事業にあっては300人以下
の事業主となっています。

事務処理を委託すると次のようなメリットがあります

  • 事業主の行う事務処理の負担が、大幅に軽減されます。
  • 労働保険料の額に関係なく、年3回の分割納付ができます。
  • 従業員が1人でもいれば、事業主や家族従業員なども労災保険に特別加入することができます。
労働保険事務処理の委託契約時に使用する書類(エクセル版)

btn_pagetop.gif

キャリアアップガイドtop_youth_yale.gif若者応援宣言企業ジョブカードについてハローワークだより
図1.png学校関係者の皆様へ 労働法セミナーのご案内厚生労働省人事労務マガジンハローワークサービス憲章中小企業を経営されている方へ

京都労働局 〒604-0846 京都市中京区両替町通御池上ル金吹町451

Copyright(c)2000-2011 Kyoto Labor Bureau.All rights reserved.