ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 手続き > 労働災害が発生したら労働者死傷病報告を! 重大な災害が発生したら事故報告が必要です。

労働災害が発生したら労働者死傷病報告を! 重大な災害が発生したら事故報告が必要です。

◆労災事故(休業災害)があった場合、所轄の労働基準監督署に「労働者死傷病報告」の提出が必要です。

 休業1日~3日は労働安全衛生規則様式第24号(様式例ワード版 様式例エクセル版)を使用します。

 休業4日以上は労働安全衛生規則様式第23号(OCIR様式)です。(記入例はこちら(295KB; PDFファイル)をご覧ください。)

 

◆事業場又はその附属建設物内で火災・爆発の事故が発生したときは、死傷者無でも「事故報告」の提出が必要です。労働安全衛生規則様式第22号(様式例ワード版 様式例エクセル版)を使用します。

 

◆労働者死傷病報告・事故報告の提出を義務づける根拠法令はこちらをご覧ください。 

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 075-241-3216

btn_pagetop.gif

キャリアアップガイドtop_youth_yale.gif若者応援宣言企業ジョブカードについてハローワークだより
図1.png学校関係者の皆様へ 労働法セミナーのご案内厚生労働省人事労務マガジンハローワークサービス憲章中小企業を経営されている方へ

京都労働局 〒604-0846 京都市中京区両替町通御池上ル金吹町451

Copyright(c)2000-2011 Kyoto Labor Bureau.All rights reserved.